日本の政治家を見ていて思うこと

最近のニュースを見ていて思うことは、国会でのやりとりについてです。野党は何かにつけて安部首相に文句をつけて総理を辞職させようとすることばかりに躍起になっていて、いつも問題の本質を見失っている気がします。_
最近注目されている森友学園の問題についても、重要なのは土地の売買に政治家の口利きがあったのかということなのに、100万円寄付したとか安部首相夫人の秘書が労働時間内に個人的にファックスを送ったとか、本質を見失っていて見ていて呆れてしまうほどです。_
現在の首相は安部さんなのだから、安部首相の足を引っ張るのではなく、与野党みんなで安部首相に協力していく体制を作らなければ日本が良い国になるとは思えません。こんなことは小学生でもわかるようなことなのに、日本の政治家は国民の税金を使って本質とはかけ離れたくだらない答弁していると思うととても腹が立ちます。このような意見を持っている方はたくさんいると思います。_
きっとこれは日本の政治家の性質なので、今後も全員が総理大臣に協力する体制にはならないのでしょう。しかし、数年後に全てを魅了するほど魅力的な総理大臣が現れ、日本を良い国へと導いてくれることを期待しています。オリックス銀行カードローン審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です